マイクロギノン(MICROGYNON)21錠は、ドイツの製造会社であるバイエル社が開発した避妊薬です。副作用のリスクが極めて低いことから、人気の高い薬剤です。経口避妊薬(低用量ピル)は、卵胞ホルモン様物質(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン様物質(レボノルゲストレル)の組み合わせで避妊効果を発揮します。マイクロギノンは、副作用を軽減するために薬の成分量を減らしていますが、避妊効果が十分に得られるように1錠あたりの成分量を調整している薬です。

卵胞ホルモンをなくせばいいという単純なものではありませんが、経口避妊薬の開発の歴史は、いかにして卵胞ホルモンの量を減らすかという研究でした。マイクロギノンは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mgという低用量しか含んでおらず、副作用もほとんどないとされています。

マイクロギノン(MICROGYNON)は、女性が自分で簡単に、苦痛なく避妊できる経口避妊薬(低用量ピル)です。トリキュラーと同じ2種類の女性ホルモン、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを含む第2世代の低用量ピルで、21日間連続で服用した後、7日間の休薬期間を経て月経周期を調整します。

ドイツの大手製薬会社であるバイエル社が開発した経口避妊薬のため安心して使用できます。卵胞ホルモンの含有量が少ないため、超低用量ピルと呼ばれています。

生理痛やPMSは、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こります。ミクロギノンには一定量の女性ホルモンが含まれており、服用することで女性ホルモンの分泌を抑えることができます。体内の女性ホルモンが安定するので、生理痛やPMSを予防することができます。また、子宮の状態を変化させ、精子が子宮に入るのを防ぎ、受精卵の着床を阻害することで、妊娠を予防する効果もあります。

マイクロギノンは正しく服用すれば、非常に有効な避妊薬となります。また、一定期間経過後にホルモンバランスを自然な状態に戻すことで、激しい月経痛などの月経困難症を改善する効果も期待できます。服用すると、体外から女性ホルモンを摂取することになり、排卵に必要な女性ホルモンの量が減少します。摂取された女性ホルモンの量は、本来分泌されるべき女性ホルモンの量よりも少ないため、排卵は起こりません。

マイクロギノンやトリキュラーなどの低用量ピルは、妊娠を防ぐ効果だけでなく、継続的に服用することで体内のホルモンバランスを整える効果もあります。ホルモンバランスの乱れや月経周期の乱れは、情緒不安定や肌荒れなどの体調不良の原因となります。