ロゲイン(Rogaine)はアメリカ製のミノキシジル発毛剤です。血行改善と成長因子の促進によりヘアサイクルを改善する製品です。オオサカ堂(大阪堂)やJISA、アイドラッグストアーなどからロゲインは通販で購入可能です。

ロゲインは、髪の毛の成長を修正するだけでなく、髪の毛を太くすることも謳っています。ボトルだけのものと、スポイト付きのものの2種類が手に入ります。スポイトが付いていると、適量を頭皮に塗布しやすく、また蓋としても使えるので保管にも便利です。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型の自然なプロセスを阻害することで、男性ホルモンによる脱毛を抑える効果が期待できます。その一方、ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、非常に強力な発毛効果が期待でき、成人男性ユーザーの5人に1人が悩んでいると言われるAGAの治療(壮年性脱毛症)に推奨されています。

ロゲインは、マクニール社が販売している発毛を促進する男性用育毛剤です。この生みの親は、ジョンソン・エンド・ジョンソンの傘下にあり、信頼性の高い企業と言えます。世界で初めて承認されたAGA治療薬で、大正製薬が「リアップ」の和名で販売しています。主成分であるミノキシジルは、最初は高血圧治療のための血管拡張剤として作られましたが、その後、発毛効果があることがわかり、脱毛症の治療薬として普及しました。

ロゲインは、AGAによる抜け毛・薄毛に悩む方のための育毛剤です。ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、毛根の血管を前進させ、頭皮に酸素や栄養が行き渡るようにすることで高い発毛効果を発揮します。また、円形脱毛症による抜け毛の経路を遮断する効果も期待できます。

主成分であるミノキシジルには血管拡張作用があり、ミノキシジルを頭皮に塗布することで、頭皮の毛髪微小血管を伸ばすことができます。頭皮の毛細血管が引き伸ばされると、毛根・毛包周辺の体内の血流が回復し、毛髪に栄養分が提供され、毛母細胞が栄養分を受け取りやすい状態に変化することで、発毛・育毛効果が得られることを目的としています。

ロゲインの有効成分であるミノキシジルは、元々は高血圧の治療薬として作られたものですが、頭皮の血行を促進し、発毛・育毛を促すという副作用があることから、FDA(米国食品医薬品局)に承認されました。さらに、日本皮膚科学会の男性型脱毛症評価ガイドラインでは、最高ランクの「A」と評価されています。Aランクの他の治療方法には、フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)があります。