グルコバイ(有効成分アカルボース)は、炭水化物を消化するために必要な消化酵素の動きを抑制することで、100%の消化率を下げ、体内に入る炭水化物の量を減らします。また、血糖値の数値を強制的に管轄することで、インスリンの分泌をコントロールします。そのため、食前に服用する必要があります。

高血糖になると、毛細血管のような微細な血管だけでなく、太い血管にもバリアができます。これが動脈硬化の原因となり、心筋梗塞や脳梗塞と思われる病気など、命に関わる病気を引き起こすことになるのです。食事から戻ったときの過剰な血糖値が動脈硬化の進行を早めることが知られていますので、最初から血糖値を管理することが非常に重要になります。

バイエル社が製造・販売している糖尿病治療薬「グルコバイ」は、糖の理解を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える薬です。主成分のアカルボースは、日本の厚生労働省から承認されており、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類されます。主成分のアカルボースは、α-グルコシダーゼ阻害剤に分類され、α-グルコシダーゼの働きを阻害することで、グルコースが糖に分解されるのを遅らせます。その結果、ブドウ糖の体内への吸収が緩やかになり、食後の過剰な血糖値を抑えることができるのです。

小腸では、グルコネオミラーゼという酵素が、アップサッカライドから1つの糖が洗い流されるようにします。糖が記憶されるのは、どんどん小さく分解されてからです。この糖の記憶に関わる酵素を総称してα-グルコシダーゼと呼びます。アカルボースは、α-グルコシダーゼの利用を阻害することで、糖が細分化されにくくなり、1つの糖質になるまでに時間がかかるようになります。その結果、糖の把握が遅くなり、食後の血糖値の急激な上昇を防ぐことができるため、食後2回目の過剰血糖を回避することができます。

「食後過血糖」と「食後高血糖」という言葉は、どちらも同じ意味で使われていますが、食後の血糖値が高い状態を指します。食後に血糖値が上昇するのは正常なことですが、善良な人の場合、食後の血糖値の上昇は一時的なもので、数時間もすれば食前の血糖値は140mg/dL以下になります。しかし、食後2時間経過しても血糖値が140mg/dLを超えている場合は、「食後高血糖」とされ、糖尿病が疑われます。

グルコバイの有効成分であるアカルボースは、α-グルコシダーゼの働きを阻害することで、食事の糖分がブドウ糖に分離するのを遅らせます。このため、食後の高血糖を抑えることができる。アカルボースは、食事誘発性高血糖を予防することで、血糖値の上昇を抑える2型糖尿病の治療薬です。空腹時の血糖値が重い場合にも効果があります。アカルボースを有効成分とする「グルコベイ」の後発品です。