プロスパス(PROSPAS)は、日本で唯一多汗症治療薬として承認されている「プロバンサイン」のジェネリック医薬品です。多汗症、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、夜尿症、遺尿症などの治療に有効な薬です。プロパスの良さは、一人で抱えがちな多汗症の悩みを凍らせることなく改善することです。有効成分のプロパンテリンが汗腺の大きさを小さくし、異常な発汗状態を改善します。

顔や手汗などの多汗症に対してもプロスパスは有効です。塗るタイプの制汗剤ではカバーできない箇所の汗を抑えるには、現在のところプロスパスやプロバンサインしかありません。脇汗は手術で緩和することが可能ですが、顔や手汗は今でも難しいとされています。

ジェネリック医薬品のプロスパスは、プロバンサインと同じ有用性を持ち、コストも非常にリーズナブルな総額に抑えることができます。
服用してから半日以内に効果が反映され、2~5時間持続しますが、効果には個人差があります。目安としては、1日3~4回の服用が良いでしょう。適度な速さで効いてくるのも嬉しい特徴です。

プロスパスは、多汗症の修正が期待できるお薬です。特に、脇や手のひら、アクセスの裏、頭皮などからの発汗に悩む人が多く、これらの薬で改善されます。汗をかかないようにするのはもちろんですが、悩みを解消するのにも最適な方法なのです。プロバンサインのジェネリック医薬品であるプロスパスは、多汗症の症状を改善する治療薬です。服用方法などが分からない場合は、有効成分である「プロパンテリン臭化物」について調べてみてください。

多汗症の症状を改善するためにはプロバンサイン(プロスパス)が有効とされます。アセチルコリンの結合を阻害することで、多汗症、夜尿症、孤尿などを改善しますが、筋肉のストレスを緩めたり、痙攣による消化器系、十二指腸潰瘍、膀胱炎などの治療にも販売されている商品です。薬を飲むとすぐに効果が出るので使いやすく、また1日3~4回の服用でOKなので、安心して長い間汗の事を取り除くことができます。

プロスパスには、有効成分としてプロパンテジンが含まれています。汗腺は、前部交感神経が指示すると汗を出します。それを上回るのが、神経に作用する塊であるアセチルコリンの働きです。プロスパースは、アセチルコリンの働きを抑えることで、汗腺の即効性を抑え、汗をかきにくくします。