フィンカーの主成分「フィナステリド「は、抜け毛を抑制し、発毛・育毛を促す効果があり、抜け毛の原因となるモノの質量を抑えることで、抜け毛対策、発毛の有用性、その再確認が期待でき、また、抜け毛の順番にモラトリアムを与え、毛髪の量を増やす効果があります。

フィナステリドは、5αリダクターゼという酵素を選び出し、体内で停止させることで、テストステロンが発毛作用を示すジヒドロテストステロンに変化するのを抑制します。そのため、男性型脱毛症以外の脱毛症や女性の脱毛症に使用することは推奨されていません。

フィンカーはプロスカーのジェネリック医薬品で、有効成分フィナステリドが含まれており、98%の男性が髪の毛の少なさを直し、髪の毛を増やすことができたと実感しています。フィンカーの有効成分であるフィナステリドは、前立腺肥大症(BPH)の治療にも使われていますが、日本で男性型脱毛症(AGA)の治療薬として承認されているプロペシアにも含まれています。そもそもプロペシアは、フィンカーの前身であるプロスカーを前立腺肥大症のクランケが服用した際に、副作用として強力な発毛・育毛効果が認められたことから生まれた薬です。

フィンカーは、前立腺肥大症とAGA(男性型脱毛症)の治療に効果が期待できるプロスカーのジェネリック医薬品です。主成分であるフィナステリドは、前立腺肥大やAGAの原因となるDHTの生成を抑制します。フィナステリドは、男性ホルモンであるテストステロンを、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)に置き換える体内の5αリダクターゼ酵素に作用することで、明確な治療効果を発揮します。DHTは、前立腺肥大、にきび、男性型脱毛症などの原因となります。

フィンカーは、男性型脱毛症のプロセスを遅らせる医薬品プロペシアのジェネリック版です。有効成分はフィナステリド5mgで、日本で無料診断として処方されているプロペシア錠1mgの5倍の活性を持っています。フィナステリドを経口摂取すると、血管を通過して頭皮や前立腺にある5αリダクターゼと結合します。この作用により、5αリダクターゼがテストステロンと結合するのを防ぐことができます。5αリダクターゼの結合を阻害することで、前立腺肥大や髪の毛が少なくなる原因であるDHTが過剰に生成されるのを防ぎます。

男性型脱毛症の最大の原因の一つは、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンです。男性ホルモンであるテストステロンに5aリダクターゼII型という酵素が作用することで発生します。フィンカーを服用してDHTを抑制することでAGAを改善することができます。フィンカーの効果が現れるまでには、最低半年間は様子をみるよう推奨されています。